FC2ブログ

記事一覧

Earliest SVEA123と他のmax sievert SVEA123の微差

現代版 optimus 123R SVEAでもなく、Rのつかない過渡期的なoptimus SVEA123でもない。初代であるmax sievert社の SVEA123。諸説あるけど、sievert SVEA123は1955年頃に生まれたらしい。(スター商事のサイトにある紹介文「100 年以上変わらない姿であり続ける小型ガソリンストーブの代名詞的存在」ってのが僕にとっては謎。100年ってのは1910年代に生まれたってことなんだろか?SVEA123の前に作られてたcampus3だって1930年頃なのに...

続きを読む

Earliest SVEA 123 (初代max sievert社製 version1 1955年)

“Earliest SVEA 123”の所為でここ数日静かに浮っついてる僕である。first generationと言われるmax sievert社製のSVEA123は以前ひょんなことから手に入れた。その絡みでいろんなことが気になって、classic camp stovesを眺めて知ったのは3つのバージョンが初代sievert SVEA123にはあるってこと。バージョンに拠る違いは「別にどうでもいいじゃん」ってくらいの微差ではある。ここら辺のことは専門性の高いclassic camp stovesに興...

続きを読む

1968年刊行The complete walker (Colin Fletcher)」に見えるSVEA123

どっちがいいか.....「you 乗っちゃいな」楽は言うけど、「歩こうよ」って楽しさが誘う。これはそんな感じだろうって大学生の僕は勝手に曲解したまま「The complete walker」を読んだりしてた。別のある時、この詩の全部に出会って印象は変わったけれどこういう気持ちもわかると思ったのだ。NOW shall I walkOr shall I ride?"Ride", Pleasure said;"Walk", Joy replied.Now what shall I --Stay home or roam?"Roam", Pleasure sa...

続きを読む

武甲山で会った老紳士のSVEA123を治す

懐かしいの使ってますね。そんな声をかけられたのは、武甲山頂上にてカップ麺を啜ろうとしていた時である。若かりし頃親しんだ音がしてたから釣られちゃったんですよ。とその老紳士は笑って言った。野山にいると人様が使っている道具ってのはどことなく気になるものであるし、ガスカートリッジ式が主流な中でこんなプロペラサウンドを鳴らしている僕のような人間は確かに存在として浮く。けれど、僕だって、ちょっと離れたところで...

続きを読む

SVEA123 【MAX SIEVERT SVEA123 ‐first generation‐】

潔く、強い。SVEA123は、そういうバーナーだ。素材に無垢の真鍮を用い、パーツ数は最小限。偶然なのか、意図したのか。それを知るよしもないけれど、半世紀という時間の篩に掛けられて現れた潔さと強さに僕は開発者の美学を感じる。きっとこれはただの竈なのだ。野営する中でゴロ石を集めて築く簡素な竈なのだ。そこに装飾を施す者はいない。見栄えだけ整える者もいない。必要なのは、火が適度に燃えることと、煮炊きが出来ること...

続きを読む

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
179位
アクセスランキングを見る>>