FC2ブログ

記事一覧

Optimus 930 (350cp初期) 其乃弐

バラしてちょっと汚れを落とす。ついでにダメそうなパッキンやらガスケットの新しいやつを仕込む。そんで流体が不具合なくニップルまでたどり着けばまぁOK。どうやら漏れも無いようだし。フレームとチムニーが一体化してるとこが慣れないけど、意匠的な愛嬌なのだろう。とりあえずノズルから良い具合の焔も出てるし、これで送り返せばお役御免である。...

続きを読む

Optimus 930 (350cp初期)

カラーのエアスロットが縦だから初期のか。1954年頃、のだろか。めっちゃレアなやつだから点くようにして。ってのも勝手な頼みだよなぁ....。古いもんはみんなレアじゃん。時代を生き残ってきたってだけで貴重なんだけどな、と、個人的には思う。けど、念願叶って手に入れたらしいから付き合いますよ。まぁ、ビンテージキャンプ用品が飽和しつつある現代日本なのでOptimus 930なんてよく見かけるしなぁ、と思っていたら勝手が違っ...

続きを読む

HIPOLITO 100(1950年代あたりの100cp ランタン)其乃伍

不意打ち的な不具合もなく、予想のとおりにちょっとの作業で灯ってしまったHIPOLITO 100。いつもの感じなら常に何かしらのイレギュラーやら不具合やらがあるからあっさり点灯した事実を気持ちがうまく処理できとらん。かなり拍子抜けしている。運が良いのか良くないのかはわからないけど時間にも気持ちにもゆとりができてしまった。なんだかんだいっていつもみたいにイレギュラーな不具合で日曜日にニヤニヤしながら此れを弄るんだ...

続きを読む

HIPOLITO 100(1950年代あたりの100cp ランタン)其乃肆

革の端切れを椀革に細工する。とは言っても簡便なやり方でである。逆さに嵌めて押し込んで放置。そのまま仕事に出る。帰宅後にはそれなりに癖がついてるから楽で良い。逆止弁のpipを替えてスタッフィングボックスにパッキンを詰めてガチガチで開通してなかったジェットの孔を抉ってで、完了。あとは少し整えてマントルを着せれば良いだけである。...

続きを読む

HIPOLITO 100(1950年代あたりの100cp ランタン)其乃参

world wide webって仮想世界からも忘れ去られてしまったようなちょっと切ない存在の52ヘルツの鯨みたいなランタン。イポリト(hipolito)の100cpなどという他所様の気にも留めないようなランタンが此処にあるのはなんか面白い。各嵌合部はそれなりにダイジョブそうでこれなら手間的にもそんな大事にはならなそうな予感。逆止弁も難なく外れた。スタッフィングボックスにグラファイトパッキンを詰め直せば多分それで灯るんじゃなかろ...

続きを読む

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
177位
アクセスランキングを見る>>