FC2ブログ

記事一覧

やっといつものところへ(テンティピ ジルコン15cp)

1週間ぶりの定位置である。テンティピ ジルコン15cpをしっかり乾かせないまま仕舞うのがどうにも嫌。っつー拘りがあり19日に八ヶ岳オートキャンプ場から帰って以降ぐだぐだになってたのは先刻投げたエントリーの通りである。長々続いた雨天&曇天の日々。ピーカンとは言えないながらも今日1日雨が降らない、ってだけでどんだけ嬉しいことか。心の中では朝から馬鹿みたいにウキウキして小躍りしっぱなしだ。とは言え、テントなんても...

続きを読む

どうでも宜しい困り事(テンティピ ジルコン15CP)

みんな困ってないんだろうか? まぁ、困るなんてのは、ほんの天文学的数字分の数人だろうけど。最近ずっと雨ベースの天気だから僕は困ってます。 理由はウチがテンティピ使い、しかもジルコン15っつー馬鹿げたデカさのテントを使ってて、先週、台風16号のマラカスくんが来ているにも拘らずキャンプに行ってしまったことに拠る。結局、自業自得ってやつだ。 ま、ここまでしつこく連日雨ベースの天候というのは一生に幾度も無いイ...

続きを読む

ペグハンマー代わりのセットウハンマー(オーエッチ社ライトン1.3kg)

振りかぶって、振り下ろす。この単純な動作の中にいろんなものが詰まってるように感じる。そんなふうに思ってしまうのはきっとダニエルとミヤギの所為である。あんな修行や哲学は此処にはないけど、ペグを打つとき、いつも『ベストキッド』を思い出し、1人密かに苦笑している僕なのだ。山に1人で入るとき、わざわざ重いモノなんて持たない。だから、テントを立てる際、ペグ打ちが必要な時は、テキトーな重さの石でペグをごつんご...

続きを読む

エルドフェルストーブ@テンティピの後始末

あ、ヤベっ!?煤、払い忘れてた。。。朝からの雨で秩父の山での予定が流れ、のんべんだらりとした祝日を過ごしてたのだが、先日、八ヶ岳オートキャンプ場から帰る時にエルドフェルストーブの煤を払い忘れたことに気付いてしまった。気づいてしまったものをバックレたままいるのも気分的にアレだなァ...ってことで上がり框のとこでゴソゴソやる。ま。日常的に使用するような据え付け型の薪ストーブじゃないし、使用も今回はたった1...

続きを読む

八ヶ岳オートキャンプ場と雨の日キャンプ

次はゆっくり来たいね。そんな話をしながら八ヶ岳オートキャンプ場でお片づけ。8:00には朝飯を終えていたし雨も運良く止んでいたのでこれ幸いとのんびりしたもんである。チェックアウト後はアクアリゾート清里の温水プールで1日遊び、天女の湯に浸かってから餺飥を食いに小作へ向かう。xbそんな予定の9月19日。たった1泊じゃ物足りない。4、5泊して小淵沢から清里あたりを思いっきり遊び倒すほうがいい。乗馬、温泉、旨いもの巡り...

続きを読む

テンティピ エルドフェルストーブと雨の日料理@八ヶ岳オートキャンプ場

雨だから焚火無くてもいいよね、どうせ1泊だし。ってことで焚火台代わりに持ってきた衣類乾燥機兼調理台のエルドフェルストーブ@テンティピ。この人は50cmの薪を丸呑みするだけあって天板の広さもまあまあある。煙突の接続部分を差し引いた料理的有効サイズはだいたい150mm×350mm。細長い感は否めないが、鍋二つぐらい平チャラである。ま、此処で料理をしていると鍋を載っけて不安定にはならんけどビジュアル的にはちょい不安。で...

続きを読む

テンティピ ジルコン15CPと雨の日キャンプ@八ヶ岳オートキャンプ場

9月18日(日)台風16号の噂が南の方では聞こえてる。そんな3連休の中日。1泊2日でキャンプに出る。 なんで3連休をふんだんに使わねーんだ?という心の声が聞こえなくも無いけどスルー。行き先は清里。小作の餺飥が食いたいって人(僕)がいることとアクアリゾートにあるプールと温泉に行きたいって人たち(子供ら)がいるからである。まぁ、日帰りするより1泊かまそうぜ。って気まぐれが理由なだけだったりする。そんな訳で偶然というか...

続きを読む

L.L.bean ビーンブーツ(リソール完了)

めっさイケメンな演出だな。僕は箱を開けて、喜んだり寂しがったりしようと思ってたのだ。だけど今はニヤニヤが止まらない。仕事終わり。留守電は1件。発信者はL.L.beanの某店。用件は先日リソールをお願いしたビーンブーツの到着である。8月上旬に店舗へ預け、到着は10月頃と聞いていたのだがどうやら1ヶ月ちょいで修繕が完了したらしい。大凡20年、事あるごとに履いてきた愛着あるブーツが修繕から戻ってきたのを喜びつつも踵...

続きを読む

Ignite the petromax Nr.834(ペトロマックス834 点灯手順)

petromax 834の灯し方について書かれたものがweb上に無いので残す。念入りに探せばもしかしたら見つかるかもしれないけれどこのランタンについて書かれた日本語webページが少ないのでとりあえず書く。とは言え、こいつって形りのファンキーさはあれど、プレッシャーランタンなので他と作法は同じである。ポンピング→プレヒート→点火。それで点く。実際それだけなので、以下に残した手順より僕はもっとテキトーな点け方をしているの...

続きを読む

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2554位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
190位
アクセスランキングを見る>>