FC2ブログ

記事一覧

petromax 821 baby 修繕完了

とりあえずこれで。手を付け始めるとついつい「良い」状態を追いがちだが、「宜しい」くらいで手を打っとかんと面白みがない。塩梅を見乍ら手を進めていたけどここら辺りで手打ちにしておこうか。固着解消。ロッドの歪み矯正。パッキン作成。ポンプ革作成。ニップル交換。クリーニングニードル装着。ジェネレータとニップルの嵌合部から気化ガスが漏れていたけれど、ジェネレータ側にヘアライン的な傷があったので、鑢って均す。バ...

続きを読む

petromax No.821 baby

ペーパーベークライトのハンドル。太陽を抱くように向い合った2匹の龍の落とし子の足元にはGで囲んだEのロゴ。タンクには「821 original Baby Petromax MADE IN GERMANY REGD」。ラピッドスターターは無い。これは今から80年ほど前、西暦で言えば1930年代のEhrich und Graetz社製petromax。しかもオリジナルの火屋まで残ってる。生き物関連で譬えるなら、Red Date Bookに載っかってていいようなヤツ。テーブルランタンや、Nr.834...

続きを読む

petromax “baby” No.821(小振りなペトロマックス )

クリーニングニードル無し。ヴァポライザ内ロッドの固着甚し。ニップル詰まり有。逆止弁固着有。バルブ不動。長年の放置の影響らしく可動部がカチコチ。うんともすんとも動かなかったが、少しずつバラせ始めているので治る予感はある。各部とも可成りの汚れだが、パーツとしてもまぁまぁな様子。どこかに不具合があると、治す手間が面倒に感じられて放置しちゃうのは、きっと昔の人も変わらない。でも、爆発して四散したわけじゃな...

続きを読む

ハワイとpetromax Baby 821とold sigg

シェラトンのプリンセスカイウラニでのんびりしてきた。一応、仕事ではあったのだ。仕事ではあったけれどスケジュールにゆとりがあったので其方此方とぶらついてきた。土産なども、ABCなどで漁る方が分かり易いだろうと思いつつアロハスタジアムのフリーマーケットに行きたい欲が強かったのでそっちへ。きっと虫の知らせみたいな偶然が発動したんだろう。sigg bottleの古いアルミ蓋のやつと多分初期の“baby”刻印やEGロゴがあるpetr...

続きを読む

Petromax 834 -hanging lantern- 【其の漆】(ペトロマックス 834)

全バラしてしまうと「ついで」の作業が増える。これは僕だけのことだろうか?どうせバラしたんだし。って気持ちが働いて、当初の思惑からあれやこれやとコースアウトしてしまう。今も、導管内の清掃をしたいだけである。バラす前にこうなりそうな予感はあったが、実際、塗装を剥がしにかかってる。錆がちょいちょいあって気になるのだ。petromax No.834は鉄製だから仕方ないっちゃ仕方ない。けど、チムニーに点々と錆が浮いてて、...

続きを読む

Petromax 834 -hanging lantern- (ペトロマックス 834)【其之陸】

結局、バラしてしまった。手を入れるところはなるべく少なくしたい。そうしたいのは山々だけれど、微妙に気になるところがある。症状としては不意のタイミングでニップル孔がいきなり詰まる。ニップルの中にメッシュを入れれば済むことのようにも思う。でも、大元を辿れば、導管内の煤が剥がれるから詰まるわけで。ならば、流体の通り道を掃除しとくほうが長い目で見たら良いように思うのだ。そう思うのは簡単なのだが、petromax N...

続きを読む

max sievert type DIP 備忘録

※スピリットカップは非対称。受け皿的な羽がついてる。※タンク前部の刻印のところにある銀の金属は本体が高圧高温になったときに溶ける安全装置としてのハンダ※ポンプを捻るとロックできる構造。ポンピング時にカツカツと当たるけど、手持ちで作業をしてる時は、ロックできるこの細工がありがたい。製造:MAX SIEVERT 国籍:Sweden型番:type DIP (soldering iron)年代:1922〜1937燃料:petrol(ガソリン、ホワイトガソリン)容量:0.10 l...

続きを読む

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>