記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風キャンプの後片付け

台風が隣家の自転車を倒す音や
裏の家の植木鉢を割る音などで
心落ち着かぬ夜を過ごしたけれど
僕のテンティピは飛ばされず
ベランダ据付の物干し台も壊されず
なんとか朝を迎えた。

泥汚れを水道水で流した後、
雨でリンスをされた綿と化繊の混紡の馬鹿でかい布のバケモノは
台風が運んできた南国の空気でなんとか乾く方向に行ってるようだ。
物干し竿とベランダの手摺でだらんとだらけている幕体は
朝5:00頃から様子を見、
数時間毎気の向いた時にひっくり返す。
(ここらへんのアレやコレやは以前のエントリー「やっといつものところへ(テンティピジルコン15cp)」と被るので省略)

まぁ、こういうもんはガッツリ見張ってても乾きが早まるわけじゃないし。
ってことで、昨日遣り残した様々なお片づけをする。

LODGE 12in Deepを空焼きして、水ぶちこんで、焦げ糟を剥離させた後また空焼きした後、油塗り。
20170919144828d33.jpg
20170919144828977.jpg
20170919144828c35.jpg
20170919144828db2.jpg

winged wheel / optimus1550 / Tilley PL-53からケロシンを抜いて、火屋を拭き、ジョイント部の緩みが無いかとかちょっとだけ点検。
2017091802321689b.jpg
グランマ コッパーケトル& tilley pl53
20170830184454dc8.jpg

寝袋も干して叩いて埃を出した後、樟脳臭くならない防虫剤を入れて仕舞う。
使い倒しつづけてる木製の折りたたみテーブルに荏油を塗って乾燥させる。
棚代わりにしたハセガワ工業の足場を乾拭きする。
肉を焼いた網の焦げ付きをコンロで炙って剥がし、油を薄く塗っておく。

洗車だけ出来なかったけれど
大抵のキャンプ道具の片付けは済み、
泥に塗れてちょっと毛がごわついた次男(ポメ2歳)も風呂に入れ、
夜を迎えた頃にはテンティピジルコン15cpも良い具合に乾いていた。
実際、幕体の乾きは早いので、昼過ぎには取り込んでいいぐらいだったけど
次のキャンプが未定なので、念には念を入れて夜まで乾燥を引っ張っただけである。

こういう、地味な作業って嫌いじゃないんだよな、俺。
そんなふうに思いながら、次はどこへ行こうかなんて考えてる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6663位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
463位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。