FC2ブログ

記事一覧

オレンジ村オートキャンプ場③

きっと、生業も柵もなく
家族も背負っていなければ
今もちょっとの荷物を担いで
気の向くまんまにぶらぶらと野宿で旅をしてたんだろう。

偶然、気の合った相棒と一緒になって
今じゃ子どもらも大きくなって
許すことなら延々とキャンプ生活してたいけれど
生業や柵っていう現実があるので
2泊3日がうちのキャンプのリミットです。

オレンジ村も最終日。
朝食にはこちらの管理人さんがくださったサバの一夜干しとチキンサンド。

メシの後は跡形も無いようお片づけ。

ストーブの手入れや焚き火の後始末、テントの乾燥、その他諸々。
いつものことだが、片付けは僕らのいた痕跡を消すまでやる(笑)

チェックアウト後、子どもらお楽しみの
オレンジ村オートキャンプ場というか千倉オレンジセンターで蜜柑狩り&食べ放題。
大人400円、小人300円、
犬がいるから僕は待つつもりだったのだけど
いいですよ、との言葉に甘えさせてもらって
家族全員で蜜柑狩り。
東京じゃ食えないぐらい、
お前明日黄色くなってるぜってぐらい
家族4人して蜜柑を食い、
いつも世話になっているご近所さんへ
お土産として渡せるように
狩りとった旨い蜜柑を300円/㎏で大量にお買い上げ。

午後からは無人島散策。
館山の沖ノ島でだらだら過ごす。
無人島としか伝えてなかったから
田村由美の『7SEEDS』が愛読書であるうちの子2人は
妙に腰が引けてて面白かった(笑)

ああだこうだしているうちに
夕方になったため
3日間山ほど遊んでぼんやりした身体で家路を辿る。

往路と同様に海ほたるで休憩&夕飯。
ここに来ると海が見える足湯に4人して
廃人のようにボケーっとするのが恒例になってしまっている。
まぁ、湯に足を突っ込みながら夕飯の相談やキャンプの思い出など
他愛ない話をつらつらとできるから好きだし、
何よりイベントで無駄に空回っている気分を
チルアウトできるから好き。
さて、日常に戻ろうか的な。


そんな感じでオレンジ村キャンプは終わったのでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>