FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名無しのマイナーランタン(the miner’s lantern has no name)

こういうガラクタ好きでしょ?

そんな一言とともに箱いっぱいのガラクタをいただく。
帰国した友人が各地の土産として
僕の琴線に触れそうなジャンクを骨董市で見繕ったのだそうだ。
有難いけど素直に喜べないぜ。

友人の中での僕は、
スチームパンクとかそういうあたりの、
燃焼機関やら歯車やらが山盛り出てくる映画で
スパナ常備、且つ、いつも煤とオイルに塗れてる「マッド」のつくほうの科学者なんだそうだ。
確かに爆発や炎上は得意かもしれない。

そんな中で、比較的簡単になんとかなりそうだったのがこれ。
マイナーランプとかカンブリアンランタンとか言われる類の物である。
出自は不明。
歴史の刻まれたドス黒い風貌であったが
いつも通りのサンポール沐浴&磨きで結構良い顔になった。
201710152209094c3.jpeg

芯調節機構が固着していたので難儀したが、
新たに作り直してなんとかする。
まぁ、細い鉄棒というか針金一本を通して曲げればいいだけなので、楽である。
芯は入ってなかったが、こんなものはwinged wheelの芯をちょっと切って流用すればOK。

仕組みもアルコールランプと同じなので
芯が燃料に浸かってるだけでいい。
201710152205262d8.jpeg

201710152216493fa.jpeg

頂いた全ての我楽多は
僕が日常の裏側で暗躍しつつ弄んでいる最中である。
パーツが足りなかったり、よく分からないものもあるけれど、
こうやってちょっと弄るだけで復活してしまう昔の道具ってものが面白い。

20171015220526130.jpeg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
515位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。