FC2ブログ

記事一覧

IMCO yfa stream line No.400(brass)を分解清掃

IMG_8370.jpg
仕事場の抽斗、紙束の間から例の金具を見つけた。
例の金具とは、
もう15、6年愛用しているトレンチライター、
IMCO yfa stream line No.4000(brass)の金具である。

自作の金具でも不具合は無いけれど、
やはり部品はオリジナルパーツの方が気分的に好い。

発見した嬉しさで全部メンテを施す。

出来得る限り分解。
ウィールのカシメを外す勇気は無い。
フリントスプリングは球体のことろではなく
その上の螺子が切ってある部分をチマチマ回せば外れる。
固着しているときは
潤滑剤などを吹き付けてから
先端にビニールテープなどを巻いたラジオペンチで
うまい力加減で回してやらないと
螺子山を潰したり、
最悪、ベチャっと潰したりするかもしれないから注意。


ウィックやコットンも取り出す
IMG_8372.jpg

真鍮パーツは薄めたサンポール風呂で沐浴をさせる。
IMG_8373.jpg

頃合いを見計らって、
金属ブラシや歯ブラシで擦る。
まぁ、汚れが落ちればOK。
IMG_8374.jpg

重曹をテキトーに投げ入れて中和。
結構、泡泡になるので面白い。
念の為、換気は十分に。
IMG_8375.jpg

石鹸で洗った後、
IMG_8376.jpg

wenolで磨く。
IMG_8377.jpg

拭きあげたらウィックを入れるのだけれど、
ウィックの先端はそのまんまだと
穴から出しづらいので
セロテープなどを巻きつけておく。
IMG_8378.jpg

適度な長さに顔を出させたところでテープを外し
IMG_8381.jpg

先端を多少揃えるためカットして解れさす。
解れについては好みかもしれない。
小さい火が好きな人は芯を短めにすればいいし、
シャープな火が好みならば
解れさせなくていいかもしれない。
僕自身は風に強い火力が欲しいので
芯多少長め、先端は解れさせる方が好きである。
ただ、長すぎると消火ヘルメットに納まらないので
そこらへんは塩梅だったりする。
IMG_8382.jpg

コットンは結構ガッツリ詰める派。
IMG_8380.jpg

底蓋にパッキンを戻して
シリンダーに納め、
例のU字金具を嵌めたら
IMG_8384.jpg

完了。
IMG_8387.jpg

これで、良し。
201711101801592b2.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>