FC2ブログ

記事一覧

テンティピ ランタンハンガー lantern hanger for tentipi (単管パイプ用金具で自作)

(追記)テンティピ ランタンハンガー ジルコン15用自作パーツについては
別エントリを作りました。→【テンティピ ランタンハンガー自作用パーツ(800円ぐらい) 20160111

winged_wheel1000_00

あ。足場パイプだ、これ。

初めてジルコン15@テンティピのセンターポールを握ったときに感じたのは
高校時代の肉体労働バイトの感じ。
思わず得も言われぬ懐かしさが。

ジルコン15のセンターポールと足場パイプ(単管パイプ)はφ45mmとφ48mmでほぼ同径。
そんなわけで、うちのランタンハンガーは単管パイプ用クランプで自作したもの。
スタイリッシュさの欠片もない、剛健なガテン系ランタンハンガー(笑)

自作しようと思った当時、
単管パイプ用クランプだけを目当てにホームセンターへ行ったのだけれど、あそこって魔窟。
次から次へと普段目にしない用具や部品が目に入ってくるので妙な高揚感を感じました。
その所為で、クールにさまざまなパーツを冷やかしている体でありつつも、
僕は、熱い心をもった一人のパズラーとなって、彷徨っていたのです。
ああでもないこうでもないと長考しているうちに、完成の目処がついてきました。

とりあえず、僕のランタンハンガーの画だけを
アップしたってよくわからないと思うので
今使ってるものを一回分解。
pipe1

残念ながら名前の不明なパーツが。。。
(追記20160111)パーツ名:【共羽子板】です。

使っているものは
・垂木止めクランプ[直交](単管パイプ用金具)
金属棒共羽子板(クランプのネジ穴と同じ距離で穴の空いているもの、ネジ山付き)
・クランプ&金属棒の両方のネジ穴に通る径のネジとナットを2ペア
・クランプのネジと同規格の蝶ナット
以上、こうやって書いても残念ながらパーツの名前がわからないものばかり。
気をつけることは、ネジの規格に合ったボルトを選ぶってこと。
直径だけ同じでも、ビミョーにいろいろ違うので、間違ってしまうと無駄になります。

ま、完成イメージを単純に言うなら
垂木止めクランプからランタンの掛けられる棒を生やす!です。

<作り方>
①垂木止めクランプからボルトを外します。ボルトは欠落防止のためネジ山が潰されていてとれませんので、金ノコかヤスリでネジ山の潰れている部分を削って外します。
pipe2


②クランプと金属棒共羽子板をネジ止めします。
pipe3


③蝶ナットをクランプに取り付けて完成。
 クランプから外したナットも金属棒共羽子板の棒部分に通して、ストッパー代わりに僕はしてます。
pipe4


ぶっちゃけ、こんなのはどうでもよくて。。。
ま、要はテンティピのセンターポールがΦ45mmですよ、と。
それに合う径の何かを生かして、
好みの加工をすればいいんじゃないの? と思ってたりします。

ただ、単管パイプ用の金具は
重量物用の棚を作ったり、足場を組んだりするパーツなので
まったくへなちょこではないです。むしろマッチョ。

僕が自作したランタンハンガーは
クランプからナットを外すのが手間だけど、
その手間を惜しまず蝶ネジに付け替えてしまえば
レンチなんてもんをもっていかなくても
テンティピのセンターポールへ楽に取り付けられます。

ポールに通すタイプも一瞬考えたんだけど、
設営時、ポールに通し忘れると後から面倒になりそうなので
自分的には没案になりました。

そんなわけで、ポールにかませて締めるタイプのこれなのです。

winged_wheel

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>