FC2ブログ

記事一覧

斧で遊ぶ、火で遊ぶ(Gransfors Bruks“hunter”)

次男(ポメ2歳)の散歩を終えて朝餉の支度。
先ずは火だろ。って焚き火台を覗くと
一晩経ても小さく残るマッチの頭ほどの炭火粒が幾つかまだあった。
ラッキーである。
遊ぶ時間が出来た。

幽かに灯る小さな小さな種火の上に
昨日拾っておいた杉皮と
それをめっちゃ粉々にしたのをふりかけて
その上には焚付けになりそうな杉っ葉やら小枝やらを乗せる。
ついでに新聞紙やらダンボールやらの切れ端なんかも調子にのって乗せる。
自然着火を試みながら
待つ間にちょっとだけ薪を割る。
2018010107133557c.jpeg

仕入れてきた丸太は、
テンティピ エルドフェルストーブの入り口に
ギリ入らない太さのも混じっており、長さもまちまち。
太いと言ってもべらぼうに大木なわけではなく、
あくまでストーブの口に入らないという程度。
鉈で割るのは無理だけど、
僕の、Gransfors Bruksのhunterでならいけるぐらいのヤツである。
其奴らをやっつけるためにを振り回す。
20180101071348813.jpeg


ふと我に返って焚き火台を見やると
細い煙が上がってる。
どうやら僕の試みは上手くいったようだ。
20180101071427b7d.jpeg

少しずつ息を送り、火を育てる。
火の勢いが増した頃合いで
を振るった時に出た木っ端やら樹皮やらも投げ入れておく。

今朝のメシ担当は娘。
確かホットロールを作ると言っていたっけ。
具材を食パンでざっくり巻いてホイルで包み
弱火で温めるだけのやつ。
それと炙りマシュマロサンドも作りたいなんて言ってたはず。
こちらも弱火しか要らないメニュー。
1/4にした食パンを網上で両面焼きながら
同時進行で焼きマシュマロを作ってパンで挟む。
確かそんなレシピだったはず。

どっちの料理も強烈な火炎は迷惑でしかないから、
彼女には火が良い塩梅におさまるまで寝ていてもらい
こちらはもうしばらく1人の朝を楽しむこととする。
2018010107142113c.jpeg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
461位
アクセスランキングを見る>>