FC2ブログ

記事一覧

牧羊犬的な気分で御岳山散歩

御岳神社に行くから。
という誘いに乗ってきた。
しかし、メインは神社散策じゃなく
小学生男子5人の子守である。

友人の息子さんが冒険ちっくなことに嵌ってるらしく
それなら少し自然に触れさすか。という思惑で
雪でちょい滑るハラハラドキドキ感とか味わわせよう。でも怪我とかされるのは嫌だからおまえも牧羊犬役で手伝え。
そんな感じで動員された僕である。

本来、友人は息子とだけ出かけることを考えていたらしいけれど
その息子さんがいろんな友達を誘ってしまったため牧羊犬が必要になったのだそうだ。

幸い、道楽家メンバーは銘々にソロ活動の日である。
暇を持て余す予定だった僕も二つ返事でOKした次第。

コースは、古里駅→大塚山→御岳神社→御嶽駅。
僕は古里駅に‪9:00‬から合流ということにさせてもらい、
朝も早から御岳交流センター駐車場に車を停め、
電車で古里駅に向かった。
20180213214947351.jpeg

20180213214945003.jpeg

20180213212138190.jpeg

20180213214938bb7.jpeg

少年たちの冒険心をくすぐるアイテムが何かあったほうがいいかな。
なんて考えがあったのでトランシーバーを人数分持って出る。
チームリーダーである友人から
「ここ滑るから気をつけて」とかなんとか指示が聞こえれば
ちょっとは冒険ちっくな気持ちになるだろうか、
なんてったって男の子はメカとかロボ的アイテムが好きなはず。
そんな安易な考えではあったが、
KENWOODの特定小電力を1人1台渡す。
道中、少年たちは探検家キャラになりきって
お互いに通信しあったりしていて微笑ましかった。

先日の雪は大半溶けていたが、
やはり北側の斜面は凍っていてちょっと滑る。
それが長距離に渡ってるなら軽アイゼンも要ったろうけど
気をつけて歩けばどうってことないぐらいの凍結である。
まぁ、コケりゃ痛いのは変わりないのだが、
少年らは、ちょいちょいバランスを崩したり、尻餅をついたりしつつ
わぁキャー言いながら楽しんでいたようだ。

自分の身は自分で守る。
道の谷側は歩かない。
人とすれ違うときは挨拶をする。
自分が通って危険を感じた箇所は仲間にも伝える。
悪ふざけはしない。
そんなルールを友人は少年たちに伝えていた。
それが功を奏したようで
みんながちゃんと自分の足で歩いていた。

少年の中には水分補給のペースがうまくいかず
早いうちから飲み物を全部消費してしまった子もいたけれど
保険をかけて水だけはふんだんに持っていたので、まぁなんとかなった。

展望台で飯を食って
御岳神社にお参りをして
頂上を踏んでから下山。
ケーブルでさくっと降りることを友人は考えていたらしいが
少年らの冒険心が大きくて結局御嶽駅まで歩いてしまう。
ケーブル下バス停から御嶽駅まで走ってしまう少年たちの姿が五十路手前のおっさんとしては羨ましかったっす。

最終的にバテてヘロヘロになったのは
ふだんの運動が足りていない大人2人というオチである。


20180213215339456.jpeg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
461位
アクセスランキングを見る>>