FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

old barbour -gamefair(one warrant)- 古いバブアー ゲームフェア ゴールドクレスト

barbour_gamefair_warrant.jpeg

ほぼ身ひとつで遊びに出た。
もう何年も前のことである。

初めての英国ではあったが、
友人のところに世話になりつつ素浪人lifeを楽しんだ。
the THEやthe smith、マッドチェスターの頃のバンドを狂ったように聴いていた割には一向に足が向かなかった土地である。

トレッキングに出るわけでもキャンプをするわけでもなく、
もちろん仕事もしないまま
ただ日々をたらたらと過ごしていた。

そんな或る日、友人に誘われて
郊外にある彼の実家の野良仕事を手伝うことになり
その時、野良着としてひょいと投げられたのがこれである。
barbour_gamefair2.jpeg

発している納屋臭とドカジャン然とした佇まいに敬意を表したくなるぐらいのブツだったので
年代物の作業着だと思っていた。
友人から「日本で有名なやつだろ?」と言われてもピンと来ず、
“barbour”というオイルジャケットのことを教えてもらって初めて知った。

barbour_gamefair.jpeg
日本ではファッションアイテム的に扱われているらしいが、
そんなふうになる前の当時物であり現地物である。
現在では王室御用達の証であるロイヤルワラントが3つタグに描かれているけれど、
これはone warrantとかone crest、
またはgold crestとか言われるもの。
生産量の極少ない超長綿の中でも高級なところに位置するエジプト綿で出来ているというのが密やかな贅沢である。
そんな大逸れたブツにオイルを塗ったくってしまうところがRock’n’roll というかpunkである。
年代的にはエディンバラ公フィリップ王配のワラント1個だけということで、
1974年から1981年のものである。


数日分のバイト代として現物支給的にこいつを貰い、
こっちに帰ってきた後に、
納屋臭と汚れを取るために洗って
オイルをがっつり塗り直して着ている。

このヤレ具合と佇まいは、
ぱっと見、段ボーラーの制服であるが、
まぁ、僕なので問題は無い。

web上でオシャレに着こなす方々を拝見すると
なんだか隠れたくなってしまうのだが、
こういういかれたbarbourもあるのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
515位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。