FC2ブログ

記事一覧

BUNDOK wing tarp (バンドック ウイングタープ)

BUNDOK

先日、電車移動の合間に
徒然な感覚で投げたエントリー。
気分的にタープのことだったけれど
別に新しいブツがあったわけでもない(笑)

山道具もキャンプ用具も壊れたら
僕は、まず治す。
決定的に治らなくなって、はじめて代変わりさせる。
だけど、山道具もキャンプ用具も
荒く使われることが当たり前のもの。
張り子の虎的なものなんかなく、
思ってる以上に壊れない。

僕のタープって、
ウチではそういうものの代表だ。
友達らとアウトドア系の遊びをするとき用になんとなく買ったもの。
選択肢の多くなかった時代に、
特段のこだわりもなく、
ただセール品だからって理由で
僕の手元置いたってだけ。

タープは2幕あって
ひとつは、TP-100。
ヤマコウ時代のsnow peak
もうひとつは、
カワセというかBUNDOK(バンドック)で型番不明のやつ。
どっちもウイングタープ

snow peakBUNDOK
愛用してるのは、なぜかBUNDOKのほう。
TP-100はsnow peakが有名になりかけのころのものだろうか?
当時、僕の中でsnow peakって、
今みたいなブランドイメージはなく、
日本のよくわからないメーカーって感じだった。
ただ、タープってもんが珍しかったことと
何かのアウトドア雑誌で見た綺麗なウイングタープ
多分mossのパラウィングなんだろうけど、
それに似た形ってところが買った理由。
でも、いかんせん650cmというデカさが仇になって
思った以上に出番が無い(笑)
広い場所なら遠慮なく立てもするけど、
近年はテントがジルコン15@テンティピなので、
一般的な区画サイトでは、なおさら両立なんかさせられない。

そんなわけで逆に、
こぢんまりした造りのBUNDOKは思いのほか出番が多い。

スカイブルーのナイロン素材。きっと火の粉ですぐ燃える。
シームレステープは数年前に張替えたけど、
幕の撥水は死んだまま。
奇跡的に縫い目や鳩目あたりの破れがないから
十数年間使いっ放し。
品質とか、機能性とか、そういうところの特徴は多分無い。
それでも、なんでか使ってしまう。

まぁ、きっと、
最初から「良いモノ」ってのは無いんだな。

よく使われるモノ、
使うに堪えるモノ。
それが結果、その人にとっての「良い」モノになるんだろう。

このBUNDOKウイングタープ
いつまで使い続けるのか
いつ決定的な破損がおきるのか
全く予測はつかないけれど
その日がくるまでは
ずっとこのまんま使われていくんだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
195位
アクセスランキングを見る>>