FC2ブログ

記事一覧

冬キャンプの薪ストーブ(テンティピ エルドフェルストーブ pro)

eldfell stove pro 02

覚悟はあるか?
覚悟? 覚悟ならないこともない。

そんな、わたしとKのようなやりとりが
僕の中で、何度もあった。

半年間は役立たず。
そのくせ、収納スペースを我が物顔で占拠する。
飯を食わせりゃ瞬殺で、エンゲル係数のバカ高い大食漢。
それが、薪ストーブ
そいつを買うなんて、ペラい覚悟じゃ追いつかない。

ちょっとオシャレアイテムっぽくて、
スローライフ的なキャンプを演出できそうで、
カッコいんじゃね? とも思うけれど、
実際を考えたら、マジ無理ぃと言いたくなる自分もいた。

しかし、迷ってもいられない。
テントをジルコン 15 @テンティピにした都合で
自宅兼用だったアラジンのブルーフレームでは間に合わなくなってしまったのも事実。
炬燵や電気毛布といった電力系はキャンプ用具としてなんか好きになれない、といった偏屈さもあり論外。
石油ストーブ2発というのも、なんだかなぁ……という。
要するに、自分の拘りに邪魔されて、
結局、渋々、薪ストーブだ。
墓穴である。

まぁ、薪の風呂とストーブは爺さん家にあったから
火と薪との付き合い方に不安はない。
ただ、かかる手間や管理のことを考えると、将来に対する唯ぼんやりとした不安はあった。
どうにか、回避する手立てはないかと思案したが、すでに詰んでいる。
腹は括るしかない。

薪ストーブは暖かい。
実際、他人事なら薪ストーブは好きだ。
火と遊ぶのも楽しい。
けど、どんな薪ストーブでもいいのかというと、そこが問題で、
ジルコン 15@ テンティピを暖められるって前提が僕にはあるのだ。
個人的にはシリンダーストーブのようなソロ向けでコンパクトなのに惚れる。
しかしそれはダメ。

小さいということは、薪が少ししか入らないということ。
必然、薪の補充回数が増えるということでもある。
燃焼時間については樹種や水分量、太さ等々で違いは出るけれど、
何より僕は、寝てる間も少しの暖をとりたい人。
出来るだけ薪は長時間焚いてたい。
そうなると、太い薪を突っ込める入口の広さも欲しい。

ほんともう嫌になりました。
自分のスタイルに合ったストーブをいろいろ眺めてみるけれど
どこからどう攻めても、辿り着く結果はエルドフェルストーブ pro@ テンティピ一択。

なんだお前、全然考えてないだろ? テンティピの商売に踊らされやがって。
ってツッコミが自分に入るが仕方ない。
治具の準備、運用、利便性、管理、収納、その他諸々を考えると
一番スマートだったのがエルドフェルストーブなのだから。

まぁ、今ではそれで正解だったと感じている。
設営時間も10分あればいけるし、収納も楽。
容量もそれなりにある。
太い薪も入るから、寝てる間に1回様子見で起きるぐらいだ。
テントへの加工や、断熱の工夫、治具の調達も必要ない。
いつぞやかのエントリーでも書いたけど
総合的にラク、という僕のスタイルにドンピシャで嵌る。

そんなわけで、特に不具合不都合イラつき後悔などなく
エルドフェルストーブを使っている。
ただし、薪ストーブ購入を考えている人におススメはしない。
これは僕個人が、自分の都合の中で考え至った選択で
別に、エルドフェルストーブが最強だって言ってるわけではないから。

人それぞれ、自分のキャンプスタイルがある。
だから、そのスタイルに合った選択をすればいい。
薪ストーブそれぞれに一長一短があり、
個人個人で楽しみ方に拘りと工夫があるのがキャンプなのだから。
eldfell stove pro 01
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
177位
アクセスランキングを見る>>