FC2ブログ

記事一覧

Bianchi Europa28(1970年代後半?のビアンキ エウロパ)

20190827201120c63.jpeg

扱い的に「けった」とか「けったマシーン」のBianchiである。
名古屋産じゃあ僕はないけれど
語感の軽さと雑さが混ざってて好きな響きなんです「けった」って。
そして僕的には間違っても「バイク」ってニュアンスに敵うような使い方もしていない。

Bianchiってのは、
好きな人には好きなメーカーらしいけど、
僕にとってはどうでもいい。
これはご近所さんが引っ越すときに
捨てるってやつを貰って手を入れただけのものだったりする。
乗り手としてはめっちゃ雑な扱いをしているし、
この自転車の当時のスペック的には使用法が甚だしく不正解ではあるけれど、
愛着はあるんです、とても。
20190827200902b41.jpeg

これが作られた1970年代からすると
それなりに良いもののようで、
見る人が見ると僕のどうしょうもない扱いに
怒りがわくと言われたこともある。
ただ、別にレースをしたいわけでもないし、
ママチャリ代わりにだらっと乗りたいだけなので、
「俺のけったなんだから俺の好きに使わせてよ」ってスタンスを崩していない。

このBianchi
EUROPA28という名で、
1970年代後半頃のやつらしい。
ディレイラーやら何やらには、当時のcampagnoloがついている。
いただいたときはかなり汚れてくすんでいたけど、
ペダルやらディレイラーやらという印象的な部品については
磨いてなんとかかんとか手入れをして使っている。
ハンドルやらサドルやらチェーンやらは再利用できないくらい錆びていたので、
適当に変えてしまった。

それなりに手入れの完了したこのビアンキ
レーサー然としていて、僕自身が追い付かない感じだったから
ハンドルには革を縫い付けて、
バッグ類は好きなTANNER GOODSをつけて
ゆるキャラ風にしてあったりする。

息子が乗っている現代的な自転車は
いろいろとギミックが細かすぎておいそれと弄れない雰囲気を醸しているけど
70年代のパーツ類は、六角やモンキーがあればどうにかなってしまうから楽でよい。

僕としては、このBianchi
mystery ranchのoutsiderを引っかければ
何処へでもいける気分になる。
(ソロ野宿をしたこともあったっけね)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>