FC2ブログ

記事一覧

PRIMUS No.96 - date code “G” -102年前のリップスティックバーナー

primus_No_96_A005

102年前の人が見てた炎。
それと同じものを見ている。
などと、拗らせたことをほざいてみたが
実際そうである。

タンク底の刻印は
A/B B.A.HJORTH&CO STOCKHOLM
MADE IN SWEDEN
G
プリムスコード表によると“G”は1917年。
日本はまだ大正時代だ。
第一次世界大戦真っ只中の頃。
『西部戦線異状なし』とか、そんな時代。
primus_No_96_A001

このリップスティックバーナーが
どんな風景を眺めてきたのかは知らないけれど、
この小っちゃな身体はいろんな時代を染み込ませてる。
想像や空想で遊ぶのには、
こういった古い道具ってのはもってこいである。
ただ、個体の疵も使用感もさほどではないので、
頻繁に使われてた感じはしない。

道具って、持主の使い方がモロに染み付くから面白い。
野遊びの頻度とか、その道具の使用率とか、
正解って不明ではあるけど、是迄の扱われ方がなんとなく想像できる。
バーナーなどは、タンクに底から火を当てて
プレヒートされてたのがわかったりすることもあって興味深い。
そういう視点から見ても、
このprimus No.96は、ヘビロテ感が無くて綺麗なもんである。

primus no.96によくある折りたたみ脚になる前の、
爪的な固定された三本脚の短足。
柔い地面じゃスパイクみたいに刺さっちまうんじゃないだろか?
減圧弁は初期96の特徴とも言える蓋から独立したヤツ。
その一方で、給油口蓋には自己主張の強い刻印がある。
フレイムスプレッダの刻印も「PRIMUS」のみの
シンプルなやつで、
リップスティックやバーナーヘッドには
まだ刻印がされない時期のものだったりする。
primus_No_96_A003

primus_No_96_A002

リアルに1世紀を超えたバーナーだから僕なんかが弄ってると「よぉ、小童」って言われそだな。

primus_No_96_A004
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3057位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
213位
アクセスランキングを見る>>