FC2ブログ

記事一覧

max sievert type DIP 備忘録

201911032017446b2.jpeg

20191103201739d89.jpeg
※スピリットカップは非対称。受け皿的な羽がついてる。

20191103201744964.jpeg

2019110320174456b.jpeg

20191103201744991.jpeg

201911032017458ab.jpeg
※タンク前部の刻印のところにある銀の金属は
本体が高圧高温になったときに溶ける安全装置としてのハンダ

20191103201745d0b.jpeg
※ポンプを捻るとロックできる構造。
ポンピング時にカツカツと当たるけど、
手持ちで作業をしてる時は、ロックできるこの細工がありがたい。

製造:MAX SIEVERT
国籍:Sweden
型番:type DIP (soldering iron)
年代:1922〜1937
燃料:petrol(ガソリン、ホワイトガソリン)
容量:0.10 litre

分かったことはこのぐらい。
半田鏝。
とはいっても、現代人が頭に浮かべる電工用ではなく、
トタン屋根とかそういう鉄板類をハンダ付けするための工具である。
201910302008191da.jpeg

ブローランプが改良されてアウトドアバーナーになったわけだから構造は同じ。
タンクに閉じ込められた燃液を熱で気化させ、
膨張圧力で噴出させて、そこに火を点ける。
そんな感じなので、ブローランプだからといって構える必要もない。
部品構成なんかも、アウトドアバーナーとほぼ同じ。

20191103202243190.jpeg

201911032022478fa.jpeg

20191103202406317.jpeg

20191103202407c2f.jpeg

20191103202409b1e.jpeg

余熱された燃液が気化して、
導管内に圧力が高まったあたりでバルブを開けばガスが噴出する。
火を点けた最初の頃は、気化も充分じゃないようなので噴出が咽せる感じだが、
暫くすれば、少しずつ炎も安定するので、
このタイミング辺りでちょっとずつ加圧してやれば、
勢いの良い炎になる
20191103202410f29.jpeg

20191103202412608.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>