FC2ブログ

記事一覧

petromax No.821 baby

20191117225225c7f.jpeg
ペーパーベークライトのハンドル。
太陽を抱くように向い合った2匹の龍の落とし子の足元にはGで囲んだEのロゴ。
タンクには「821 original Baby Petromax MADE IN GERMANY REGD」。
ラピッドスターターは無い。

これは今から80年ほど前、
西暦で言えば1930年代の
Ehrich und Graetz社製petromax
しかもオリジナルの火屋まで残ってる。
生き物関連で譬えるなら、
Red Date Bookに載っかってていいようなヤツ。

テーブルランタンや、
Nr.834、837みたいなハンギングランタン以外に
100HKでミニマムサイズのNr.900とか、
中型300HKの826、
強光500HKの523なんてのと一緒にラインナップされていた
200HKの小振りなランタンだ。

当時のカタログを見ると、
petromaxは用途や好みに合わせて
光量(サイズ)を選べてたってことがわかる。
世界に電灯が普及する前の
普段使いとしてのランタンなんて、
あんまり想像つかないけれど、
この時代はどうやらそーゆーもんだったらしい。

当時のランタンの大多数は失われてしまったけど、
偶然生き延びて今此処にあるのが、
このpetromax 821 babyだって考えるとちょっと感慨深い。

EGロゴから現代のPGロゴへの変遷や
タンクの刻印の移り変わり
製造国の変化など、
事細かなことについては
www.空間のいたるところで情報が拾えるから
此処に書くことはしないけれど、
絶滅危惧種を減らさないように気をつけながら
現在、淡々と修繕しとる。
ニップル穴は広がり過ぎてたので、交換。
クリーニングニードルは手持ちで賄った。
20191119220619d9a.jpeg

20191119220616d32.jpeg

とは言え、パーツが致命的に破損してるふうでもなく、
ただ、固着と詰まりが甚だしいだけ。
僕の手に余るような細工は必要無さ気で、
要るのは、ちょっとした繊細さと配慮と丁寧さである。
そんな訳で、点けては消し、点けては消してを繰り返し乍
ビミョーな不具合を追い込んでは潰してってる最中です。
もうちょい。かな。
201911192206174f2.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>