FC2ブログ

記事一覧

K.F.Eriksson‘sのimperator No.5の続き

うわぁぁぁという漫画の描き文字みたいな声もリアルに出た。
でも、外れたブツを眺めつつ放心しててもしょうがない。
とりあえず正気を保つ。
強烈な破壊力をもつ出来事とビジュアルですが
実際、致命傷ではないし
作業的にも難しいことは何もないので、どうにかする。

剥がれたついで、ってことで
外れたブツを分解するつもりだったが
潤滑剤とかロッキングプライヤーとか
色々試しても、回らない手応えしかない。
こびりついてる半田の様子もちょっと嫌な感じがする。
結果、バーナーで炙って後、急冷で外す。
近年稀にみる頑固さだったがなんとか外す。
20200907160154820.jpeg


そんで、もう外部逆止弁がぽろりと逝かんように
丁寧に鑢って脱脂してフラックスして半田を流す。
202009071525358d3.jpeg

20200907152536ff7.jpeg

一瞬、ロウ付けしちゃおうかとも思ったが、
こういうものって大概が半田付けなんだよなぁ。
ま、それも、古人の知恵。

万が一、不具合があったときのことを考えて、
大抵の部位はバラしても良いように半田付けでできている。
不便だけど、理に無理くり適わせてる。
そう考えると、僕がここでロウ付けしちゃうと
いつか後にこのストーブを使う誰かが困るかもしれない。
そんなわけで、半田で処理しちゃったけど、いいよな?
一抹の不安は残る。

逆止弁のパッキンを作って、
急場凌ぎの適当なバネを仕込んで完了。
バネはボールペンの中のやつを適度な長さに切った。

202009071525398d4.jpeg

圧漏れも無さげだし、
ポンピング具合もまぁ悪くないし。
半田で付けた外部逆止弁にレンチを咬ませて必要な力をかけてみたが大丈夫そうだ。

きっと以前の持ち主が此処を壊して、
修繕したのかもしれないな。
外れたブツを眺めたときに、接合面に半田が無く、
外面だけに盛った風だったし、
部位に残ってるささくれ風の半田も
爪で毟れるくらい柔かったから
板金用ではない別の柔い半田を使ったんだろう。
20200907152434b69.jpeg

20200907152437066.jpeg

202009071524364b8.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>