FC2ブログ

記事一覧

機関部だけのoptimus 22B

機関部だけのoptimus 22Bが道楽亭に届く。
僕のものじゃあなく、
ちょっと拝見させていただくことになったもの。

話を伺うと火勢減衰で、
けれど、パーツ嵌合部やパッキン絡みも特に問題無いらしい。
届いたそれを触ってみても
まぁ、問題なさそうに思える。
でも、火が弱まるんですよ...ね?
水に浸けるのがオーソドックスだし手取り早いけど
うちのバケツは使われてて、良い大きさの容器が無い。
然らば、ってことで心当たりの部位にシャボンを置く。
2020091910564442b.jpeg

発見した漏れ処はポンプ部分。
あら? 逆止弁? と思ったけれどそうじゃなかった。
持ち主さんの言うように逆止弁は大丈夫で、
シャボンで何度か確認したら
シリンダーとタンクの接合部分からだった。

20200919105647c0b.jpeg

特定は出来んけど、
なんらかの理由があってシリンダー差し込み口を接いでる半田が
割れたか解けたかしてるらしい。
見えないから分からない。
衝撃なのか、熱なのか。
タンクに打痕とか無いから熱だろか。
ストーブでもランタンでも炎上さすと
半田が溶けて部材が取れたりすることあるし、それ系だろか。
22Bは遮熱プレートもあるから、
この部位の半田が溶けることは普通に使っていれば多分無いんだろうけど、
でかい鉄板とか載せてた場合は、溶けるかもしれない。
僕も昔、炎上させてストーブの足が外れたことあります。
あと、なんでかタンク底が取れたこともあったな。

ま、この22Bがこうなってる理由はわからないけど
漏れの所在が把握できたならまぁいいか。

ここ最近シリンダーのぶっこ抜きづいてるけれど
此れは他人様のものなので、あまり自由にしちゃいけない。
できるだけインパクトを少なく、治療痕も小さくってことで
シリンダーを抜かずに、給油口周りを適度に炙って、
半田に空いているであろう隙間を閉じさせちゃえばいいか。
とトライしてみる。
駄目なら、ぶっこ抜く。
そんなふうに腹を据えてかかったところ
あっさりと漏れ解消。

半田の融点は確か200℃くらい。
煮炊きする中で此処がそんな高温になることってそうそう無いだろう。
接合している半田の量と強度が不明だけれど、
がしがしとポンピングしても、外れそうな感じはしない。
しばらく火を入れて走らせているけれど、
火勢減衰は無い感じである。

(私信)
こんな感じです。
今夜、発送いたします。
20200919105648837.jpeg



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
177位
アクセスランキングを見る>>