FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペグハンマー代わりのセットウハンマー(オーエッチ社ライトン1.3kg)

OH_002

振りかぶって、振り下ろす。
この単純な動作の中に
いろんなものが詰まってるように感じる。

そんなふうに思ってしまうのは
きっとダニエルとミヤギの所為である。
あんな修行や哲学は此処にはないけど、
ペグを打つとき、
いつも『ベストキッド』を思い出し、
1人密かに苦笑している僕なのだ。

山に1人で入るとき、
わざわざ重いモノなんて持たない。
だから、テントを立てる際、ペグ打ちが必要な時は、
テキトーな重さの石でペグをごつんごつんと殴りつけて終了。

キャンプは別で、
基本、僕は家族と一緒。
加えてオートキャンプが主。
ここでは多少荷物は重くていいかなというスタンスになるから
ハンマーを必ず持っていく。

巷にはペグハンマーなるものがあり、
アウトドアショップへ行くと
それぞれの機能的な自己主張に「ほへぇ~」と口が半開きになるのだが
僕がそれをレジへ運ぶことはない。
そういうものは、
僕とは違って「美学」を持った人が使うのだろう、と思っている。
きっと、そういうものを買う人は、
ペグを抜く。ということも勘定に入れてるのだろう。とも思う。

僕は、ペグを抜くとき
いつもの牛床革の安い手袋をして引っこ抜くだけ。
特に今使っているテンティピのYペグには紐が付いているから
抜きづらいときは、その紐に別のペグを通して
背筋計測の要領でぐいとやれば、
結構簡単に抜けてしまう。

だから、僕はペグを抜くってところをハンマーには求めていない。

そんな僕がここ数年使っているのは
ただのセットウハンマー
(セットハンマー、セットハンマーと昔っから言っていたのだけれど
このエントリーを投げるに当たってググったところ、石頭(セットウ)ハンマーだったと知ったことは秘密///)
中古工具屋さんを冷やかしに行ったときに500円ぐらいで買ってしまったもの。
ブツはホームセンターにもよく置いてあるオーエッチ社のライトンとかいうやつ。
ヘッドが1.3kgと重いので
ペグをぶん殴って埋め込むのにはとても楽。

大きく振りかぶりつつ
軽やかかつリズミカルにハンマーでカンカンやって
「ペグ打ち込んでます感」を出すには
5、600gのヘッドほうが良いのだろうけど、
ペグは地面に潜り込んでナンボのモノ。
そういう点で、ヘッドの重さはあるに越したことはない。

だからと言って、
ヘッド4kgオーバーの杭打ちハンマーなんかで、
ペグを一撃瞬殺ってのもファンタジックでいかしてはいるけど実際無理ゲーだ。
(とか言いつつ、自宅にあるんだけどね杭打ちハンマーは…笑)

じゃあ、オトナの男子が扱えるのってどのぐらいかっていうと
手首と肘だけでやっつけるなら1.5kg前後が良いとこなんじゃないだろか。

そんなこんなで、僕はセットウハンマー使いとなったのであるが
この4、5年で不具合、不都合は特にない。
地べたが固めなサイトでも、
テンティピの25cm Yペグが2,3撃ぐらいで土中に没してくれるので、とても楽だと思っている。

きっとミヤギとダニエルなら
どんなにしょぼくれた軽いハンマーでも
一撃で固い地面にペグを打ち込むんだろうな。
そんな馬鹿げたことを思い乍、
車の中に置き忘れていたセットウハンマーを
眺めている。

OH_001
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
507位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。