記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーツを洗う white's boots "packer" (ホワイツ パッカー)

whites_packer_013

新品は、生活感の無さゆえに僕の背筋がくすぐったくなる。
だけど、使用感のあるふうな加工はわざとらしくていけ好かない。
少しずつ使っていく中で、
縒れて、草臥れて、其処彼処に創が入ってくると
人間味が生まれてくる。
そんなふうなのが理想だけれど、
そこまでになるには結構な気の長さも必要だ。
焦りは禁物。

僕にブーツ愛はない。
然し、ブーツはよく履くほうだと思う。
ギョサン1、スニーカー2という靴箱の中身だけれど
ブーツはというと5足
L.L.bean - bean boots -
chippewa - ***** -
red wing - BECKMAN CHUKKA BOOTS -
white's - smoke jumper -
white's - packer -


買って5〜10年で履き潰れてしまうものもあるっちゃある。
今あるブーツは、いろいろ淘汰された結果の5足とも言える。
一番の新参者は5年くらい前に買ったSMJPだろうか。

white's "packer"は手入れらしい手入れもしないまま、
ソールの張替えもまだ1回。
気づけばそれで30年ほどになっている。

whites_packer_012
靴の中は長年踏みしめられた証みたいに
自分の足裏型の凹凸が絶妙で、
きっと他の人が履いたら変なふうに感じるだけだろう。
こういう付き合い方をしてる靴はあまりないので、
不思議な縁を感じつつ
あと何年付き合えるかと楽しみにしている。

今日は、気まぐれを起こしてこいつを洗った。
とは言っても、専用洗剤など使わず、
洗面所にあったエコベールとかいうハンドソープでだ。

全体をブラシがけして埃を掻き出す。
whites_packer_011

ハンドソープの泡を表面に置いて小一時間ほど放置のうえ
堆積していた油分と蝋分を分解させる。
whites_packer_010
whites_packer_018

浮き出た汚れを拭って、数度の水拭きの後、乾拭き。
またしばし放置して乾燥させる。
whites_packer_017
whites_packer_016

所々、革色のブラウンが出て
茶と黒の斑模様になるが、
こんなのはブラッシングを念入りにやれば消える。
whites_packer_015

雑でガサツな主人ゆえ、
模範的なヴィンテージ感からは程遠いけれど
手前味噌ながらもそれなりに30年の歴史を感じる面構えだと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7974位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
538位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。