FC2ブログ

記事一覧

キャンプのファーストエイドキット(応急セット)

山に入り始めた中学の頃は
カッチョいいゴテゴテとした装備に憧れて、
今思い返すと黒歴史アイテムになりそうなものも
結構ザックに入れていた。
ファーストエイドキットもそう。
使いもしないし、使えもしないモノが結構あった。

以来、気がむくと自分のファーストエイドキットを見直し、
足したり引いたりしているのだが、
ここ10年ぐらい大きく変動はしていない。

まぁ、山のザックに入れるぐらいの嵩だから
キャンプに持って行くのも苦にはならないし、ってことで
そのままそっくりキャンプ装備に忍ばせるのだが、
中身はというと、笑われてしまうようなショボさだ。(画像中のライターは大きさ比較のため)



最近では、これ全部いらないんじゃないか? とも思っている。(ダメです)

まぁ、いろんな人と山歩きもする手前、
自分ではほぼ使わないながら、
誰かへの保険という意味合いもかねて飾り程度に持っている。

中身はというと、これ。



【4cmテーピング】:膝や足首を挫いた時の固定用。それなりにテーピング術がわかっていると、効果的に使える。ただし、自分に使ったことはない。。。なぜなら、個人的には布ガムテープ派だから。ガムテの使い勝手は最強だと本気で思ってます。ひどく足を挫いたときなど、副え木と一緒にグルグル巻きにしちゃえばいいし、レインウェアやザックの補修にも使える優れもの。ただし、他人と山に入るときは、人間性を疑われたくないため見栄を張ってテーピングを持っていくのです。

【三角布】:お守り。過去に2回だけ、自分じゃないけれど、ひどい出血に遭遇して、止血帯やらガーゼ代わりとして世話になった。出番は滅法少ない。

キズパワーパッド】:大きめサイズと普通サイズ(あれ? 大きめの在庫がないぞ。補充しなければ....)を数枚ずつ。自分では使ったことないけど、大きめサイズは、靴ズレがひどい人に使っている。高価だけど、普通のバンドエイドよりも良い。

【簡易サポーター】:帯状の伸縮素材をマジックテープで留めるだけのもの。包帯代わりにもなるし、軽い捻挫のサポーターとしても使える。ただしこれも自分で使ったことはない。

【フェルナビク軟膏】:湿布代わり。炎症と痛みを和らげる軟膏。個人的にはボルタレンがいいのだけれど、医者で処方されたのが偶然こっちだっただけ。丸ごと持っていくと荷物になるため、小さなケースに使いそうな分だけ詰め替えて装備している。(画像では青い蓋のケース)

ワセリン】:マイフェイバリットな応急アイテム。多少の切り傷・擦り傷なら、患部を即、水洗いして厚めにベタっと塗っておく。やけどにも使う。ボクサーが試合中に出血すると塗られるアレ。傷パワーパッドと同じで、湿潤療法ってヤツです。(画像ではオレンジのギャッツビーのケースに入れている)

【熱冷却シート】:発熱時の気休め。これも自分で使ったことがない。

ヴィクトリノックス】:行動中はポッケに突っ込んでおく。ベルトループに繋ぐための細引きがつけてあります。



結局、山での大怪我は
救助を待つか死ぬかだし、
そうなると自分じゃどうにもできません。

命に関わらないような怪我ならば
時間が多少かかっても自力でなんとかするのが一番。
腕や肋骨あたりの骨折なら痛くても歩けるし、
鋭利なものがどこかに刺さるなんてことも
滅多に起きるもんじゃないので
心配してても仕様がない。

そんな風に考えると
よくある不調や小傷ぐらいがファーストエイドキットの対象なわけです。
結局、役割としては
感じる不具合を最小限抑えられるようにすればいいってことだけなんだろう。
要は気休め。

そう僕は思っているから、
このファーストエイドキットを山装備に忍ばせてても、
結局自分以外に使ってしまう。

僕にとって最強のファーストエイドキットは
ワセリンとガムテ。
笑っちゃうけど、今までそれで凌いできたし、
多分、きっとこれからも。

ましてやキャンプでは、
医者にかかることだってできるしさ。
だから、ファーストエイドキットなどというものは
豊富に揃えなくてもいいように思っている。
今まで、友人や子どもらの様子を見ていても、
大抵、すり傷や切り傷、火傷で終わるので、
実際は放置かワセリンでいいようなところを、野人と思われたくないがためにキズパワーパッド対応としているだけ。
夏場の、蚊の痒みなんてもんは、塩で充分だし。

小洒落たファーストエイドキットを揃えるために
ああでもない、こうでもないと考えるより、
あれが欲しい、これが要るなどと思うより、
例えば、蜂を怖がる前に、
刺されないため落ち着いたままでいる、とか
風邪をひかないように、
首とつく部位は冷やさないようにする、とか
そういうことを身につけるほうが大切なように感じてる。
そして、自然を自然として受け止めて
多少の不都合も大らかに受け止めるのが
一番のfirst aidなのだと思うのです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
177位
アクセスランキングを見る>>