FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10IN MITSUWA (ミツワ 10インチ モンキーレンチ)

20170904195341216.jpg

持主はとうに鬼籍に入り、
主を亡くしたモンキーレンチ。
ウォームが回らず、
使えない道具に成り果てていた。

納屋の片隅に放されたままになっていたのを
貰ってきたのが昨夏のことである。
現在、そこの家主は義父なのだが、
元来は義父の祖父の家なのだという。
義父は年に数回、その家の保守と手入れのためだけ訪れる。
そのイベントにのこのことくっついて行った時、
見つけたものが此れである。

要らない物がいっぱいあるから、
もし使うなら持ってっていいよ。
そんなふうに言われたけれど、
頂いてしまうのは勿体無いものが多すぎて
気後れした結果の此れである。

今時誰も使わなそうなオールドタイプ。
蜘蛛の巣と埃まみれで
オイルを吸った埃が固まって、
錆もあちこち浮いている。
握ってしまった掌からは
オイル臭が漂って、結構な黒さになったけれど
レンチの頭を、ジーンズでこすってみたら
良さ気な表情を隠しているように思えた。

いつもは草臥れたエビのモンキーを使っている僕である。
とは言っても別段工具に拘りは無い。
玄人ならばいざしらず、暇に飽かせた修理人、という程度だ。
道具は道具として使えれば良い。
そんなふうに思ってはいるが、
100均産のものがなんか好きになれない臍曲がりでもある。

物語のある道具。
人を感じることのできる道具。
そういうものが好きなのだ。
201709041953419ff.jpg

これだけ貰っていいですか?
仕事をしなくなったレンチを欲しがる僕を
義父はちょっと笑ったけど
テキトーな理由をくっつけて東京まで持ち帰ってきた。


そんな遣り取りのあったことすら忘れていたのだが、
昨夜、工作途中で必要なものを発掘するため
カオスな自室をガサゴソやっていたらこのモンキーと再会。

やっぱりウォームは稼動せず。
結果、下あごもうんともすんとも動かない。
見たところ、ウォームの山が歪んでるわけでもなさそうだし、
下あごスライド部の凹凸がおかしくなってるわけでもなさそうだ。
分解してみても、大きな不具合は感じられない。

きっと、目詰まりだろう。ってことで
今、手をつけてる雑事のついでに分解し、
一晩、漬け置いてブラッシングの後、中和&中性洗剤洗いを施す。
組みなおした後、油を注す。

柄に見てとれるのはこんな文字。
10IN   MITSUWA ○○○(ロゴマーク三つの輪、○はオリンピックのように重なっている)
DROP-FORGED-STEEL

2017090419534147a.jpg
20170904195846936.jpg

ミツワという会社の
10インチモンキーレンチ。
落とし鍛造製。
そんなことが解るとともに、持ち主らしき名も彫ってあった。

こういうのを見ると、道具に対する思い入れみたいなものが、
今とは違うなぁって実感しちゃうわけです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
515位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。