FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

carharttの"tool roll"(カーハート ツールロール)

20170911185408be5.jpg

道具は古いものが好きである。
変な嗜好だと自覚はある。

1人の野宿では
基本、煮炊きは焚火で。
基本、灯りも焚火。
それで充分。

ただ、ファミリーキャンプでこれだと
家族の無言の圧力が半端無いので、
MAX譲れるラインがケロシンランタンとローラーバーナーだったりする。
まァ、このラインもそろそろ死守できなくなってきたけどね。
電池使うランタンでいいじゃん。とか
ガスボンベ式のバーナーでいいじゃん。などというツッコミは聞き飽きている。
僕も楽で簡便なものは嫌いじゃない。
そういうものを使うほうが家族との時間をより多く生み出せるってのも心得ている。
でも、自分の性分としてなんだかダメなのだ。

だからバーナーはprimus No.120
primus_no120_02

ランタンは現在いくつかあるけれど、
winged wheel 1000を軸にして
winged_wheel1000_00

他に連れ出すのはtilley PL53petromax 834のどちらかだ。
tilley_pl53_04
petromax_834_41

先日ひょんなことから手に入れたoptimus 1550もこれからはここに入ることになるはず。
OPTIMUS_1550_005

primus No,120   約100歳
winged wheel 1000 約50歳
tilley PL53    約70歳
petromax 834    約80歳
optimus 1550    約40歳
ビンテージだらけでビビるけれど、
実際、自分で買ったのはウイングドウィールだけで
あとはいろんな経緯を辿って僕に行き着いてくれたものたちだ。
キャンプにこれらを連れ出しますと
みなさん結構な御歳を召されてらっしゃいますから、
時々、臍を曲げたり、不満をこぼしたりといろいろあるわけです。
だから、点検&補修用具は装備的に必須。

キャンプ場では、点火前にゆったりとランタンの点検をしながらコーヒーを楽しんでるおっさん風の見た目を醸す。
でも、点くのをアテにしてたのに点かなかったら嫌じゃん。ってなわけで
内面的には結構な緊張感だったりするのです。

ま、不具合があっても、
大概、モンキーレンチとマイナスドライバーでなんとかなったりするけれど、
時によっては、応急的にガスケットを作ったり逆止弁を作ったりなんてこともある。

工具とかメンテナンスパーツとかそういったものは、
気付くと増えていて、僕のcarharttの"tool roll"(カーハート ツールロール)がボンレスハムみたいにぱつんぱつんになってることがある。
2017091118540829d.jpg
20170911185408201.jpg

そんなわけで、次のキャンプに向けて中身を確認しておく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道楽

Author:道楽
ちわ、世界。

どーよ、調子は?

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
515位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。